新幹線に乗る時に知っておきたいマナー

騒音を出さない

新幹線で重要なのは、静かに過ごすということです。もちろん、ちょっとした会話などは問題になりませんし、普通に乗っている分には問題もありません。ただ、例えば大きな声で電話するというのは避けておきたいところです。新幹線は移動時間としてゆっくりしている方も多く、中には仮眠を取っている方や音楽を聴いている方、読書をしている方など、色々な方がいます。そこで騒音を出してしまっている方は、やはり新幹線の特徴を理解できていないと言えます。新幹線に乗る人の特徴をしっかりと頭に入れて、「これをされたら迷惑だろうな」ということを自分で考えなくてはなりません。

そこはしっかりと考えて行動するようにすることが重要です。普通の大人であれば、周りに気を遣って静かにするということはできるはずです。ただ、近年は子供たちの騒音も問題となっています。新幹線の中をドタバタと走り回っていたりすることもありますし、大きな声で叫んだり、おもちゃで大興奮していたりすることもあります。それは子供たちが悪いのではなく、それを注意できない保護者の方が悪いと言えます。近年はスマホを弄っていたりすることで、子供を放置している保護者も多いです。それらの点も含めて、新幹線のマナーをしっかり守りたいところですよね。